Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトで個人情報流出の可能性、警察の連絡で発覚 - 長崎県物産振興協会

長崎県物産振興協会は、同協会が運営する通信販売サイト「e-ながさきどっとこむ」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同協会によれば、パトロールでサイトの異常を発見した警察より5月21日に連絡を受け、同サイトを侵害されたことが発覚。翌22日にサイトを停止した。

ウェブサイトの一部プログラムが改ざんされ、情報を窃取された可能性がある。フォレンジック調査に向けて企業の選定などを進めているが、システムの脆弱性を突かれた可能性があるという。

対象となるのは、ウェブサイトをオープンした2000年10月2日から2024年5月22日までに同サイトへ会員登録した約6万400人。

氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレスが含まれるほか、顧客が登録した約8万7000人分の届け先情報も流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2024/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グリコ、6月下旬より冷蔵品の出荷を順次再開
「Interop Tokyo 2024」が開催中 - 「ShowNet」も人気、ケーブル総距離32キロ超
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし
高齢者名簿が入ったリュックが電車内で置き引き被害 - 青梅市
WP向けeコマースプラグイン「Dokan Pro」にSQLi脆弱性