Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団

被害に遭ったX線画像読影システムには、X線画像や超音波画像、付随する情報として氏名、年齢、生年月日、性別、検査日、ID、撮影番号、問診、所見と判定、モアレ検査画像など約94万人分が保存されていた。ただし、住所や電話番号、市町村名、事業所名は含まれない。

同団体では関連する自治体に調査結果を報告。報告を受けた自治体では内容を公表するとともに、対象者と連絡を取るなど対応を進めている。

同団体では、バックアップデータを用い、セキュリティ対策を講じた新システムを12月までに構築する予定。被害にあったシステムは破棄するとしている。

(Security NEXT - 2024/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意