Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秘密分散技術を活用したデータ保管サービス - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、機密情報を分割して複数のデータセンターに保管するサービス「SecureCube / Secret Share」を提供開始した。

同サービスは、秘密分散技術を活用したデータホスティングサービス。データを暗号化した上で複数に分割し、異なるデータセンターで保存する。分割した個々のデータから復元が難しく、漏洩リスクを低減できる。

断片データは冗長保存されており、データセンターに障害が発生した場合でも、ほかのデータセンターに保存された断片データから元データが復元できる。複数ユーザーでフォルダを共有できるため、社内ファイルサーバとして利用できる。

このほか、リアルタイムバックアップ機能やデータ復元機能を標準搭載している。月額利用料は、1ユーザーあたり1785円で、最大5Gバイトまで利用可能。追加容量は1Gバイト150円。

(Security NEXT - 2010/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure