Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンテナの制限を回避する脆弱性「Leaky Vessels」が判明

コンテナ関連のコアコンポーネントにコンテナによる制限を回避し、ホストOSのroot権限によるアクセスが可能となる脆弱性「Leaky Vessels」が明らかとなった。

「Dockerエンジン」で使用されるコンテナランタイム「runc」や、コンテナイメージをビルドするためのツールキット「BuildKit」に脆弱性が明らかとなったもの。発見したSnykの研究者は、これら脆弱性を「漏れる容器」を意味する「Leaky Vessels」と名付けている。

コンテナを起動、実行するために用いるOpen Container Initiative(OCI)の「runc」では、「同1.1.11」および以前のバージョンに「CVE-2024-21626」が判明。

またMoby Projectの「Buildkit」では、「同0.12.4」および以前のバージョンに「TOCTOU」によるマウントキャッシュの競合の脆弱性「CVE-2024-23651」、GRPCにおけるセキュリティモードの権限チェックにおける問題「CVE-2024-23653」、ホスト内において任意のファイルが削除できる脆弱性「CVE-2024-23652」が明らかとなった。

悪意のある「Dockerfile」や「アップストリームイメージ」よりコンテナをビルドすると、脆弱性が悪用されてコンテナによる制限を回避し、ホストのroot権限によりアクセスすることが可能となる。

(Security NEXT - 2024/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開