Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」に脆弱性「CVE-2024-0727」 - 今後修正予定

「OpenSSL」の開発チームは、あらたな脆弱性「CVE-2024-0727」が判明したとしてセキュリティアドバイザリを公開した。

同脆弱性は、「NULLポインタ」の参照の脆弱性。細工された「PKCS12ファイル」を処理するとクラッシュし、サービス拒否に陥るおそれがある。

複数の「API」が同脆弱性の影響を受けるほか、「SMIME」における一部書き込みに関する関数にも同様の問題が明らかとなっている。

開発チームでは脆弱性の重要度を4段階中もっとも低い「低(Low)」とレーティングした。アドバイザリ公開時点でアップデートを用意しておらず、今後リリースが計画されている「OpenSSL 3.2.1」「同3.1.5」「同3.0.13」にて修正する見込み。

またプレミアムサポートを利用している場合は、「同1.1.1x」「同1.0.2zj」においても修正が予定されている。

(Security NEXT - 2024/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消