Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ivanti製VPNに対する脆弱性攻撃の被害が拡大 - 少なくとも1700件の侵害

Ivantiが提供するリモートアクセス製品「Ivanti Connect Secure(旧Pulse Connect Secure)」「Ivanti Policy Secure Gateway」にゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21887」「CVE-2023-46805」が明らかとなった問題で、悪用が拡大しており、注意が呼びかけられている。

脆弱性を発見、報告したVolexityによれば、Ivantiによるアドバイザリが公開された現地時間1月10日の翌日である11日に脆弱性を探索する兆候を検出。さらに複数の組織においてデバイスが侵害されていることも判明した。

こうした状況を受け、同社では緩和策が実施されていないVPNアプライアンスで、攻撃者が設置したウェブシェルが稼働しているか調べるスキャン方法をあらたに開発。

アプライアンスが稼働する約3万のIPアドレスに対してスキャンを行ったところ、ワールドワイドにおいて1700を超えるデバイスより侵害された痕跡を発見した。

中小企業からフォーチュン500に含まれる大企業まで影響を受けていると指摘。具体的には、政府機関や軍のほか、通信会社、防衛、宇宙航空、金融、会計、コンサルティング、テクノロジーといったセクターにおいて被害が見られたという。

同社が公開した1月14日時点におけるヒートマップを見ると、米国を中心に、ヨーロッパや日本、韓国、台湾などのアジア太平洋地域においても侵害されたVPNアプライアンスが観測されている。

20240117_vo_001.jpg
Volexityが発表した1月14日時点における侵害されたアプライアンスの分布図。日本でも複数観測されている

(Security NEXT - 2024/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開