Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染が判明、約9カ月前に作成された痕跡 - JETRO

日本貿易振興機構(JETRO)は、パソコンがマルウェアに感染したことを明らかにした。問題のマルウェアは2023年3月に作成されており、詳細を調べている。

同機構によれば、本部で使用するパソコン1台がマルウェアに感染したことが判明したもの。2023年12月19日にアラートが発生し、同端末をネットワークから切り離して調査したところ、同年3月にマルウェアや同端末のスクリーンキャプチャと見られるファイルを作成され、外部との通信が試行されていたことがわかった。

同パソコンでは個人情報を閲覧することができ、外部に情報が流出した可能性もあるという。マルウェアの感染経路はわかっていない。

被害の報告などは寄せられていない。同機構では情報流出の有無を含め、引き続き調査を進めるとしている。

(Security NEXT - 2024/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー