Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Sophos、EOLの旧FW製品向けに脆弱性修正パッチ - 攻撃発生受けて

Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性「CVE-2022-3236」が見つかった問題で、同社はサポートがすでに終了している旧製品に対しても修正パッチをリリースした。

「CVE-2022-3236」は、ユーザー向けポータルやウェブの管理画面におけるコードインジェクションの脆弱性。2022年9月にセキュリティアドバイザリを公開し、アップデートを提供するとともに脆弱性が悪用されているとして注意を呼びかけていた。

すでにアドバイザリの公開から1年以上経過しているが、同社は現地時間12月11日にセキュリティアドバイザリを更新。脆弱性を悪用するあらたな動きを11月27日に観測したことを明らかにした。

すでにサポートが終了している同社ファイアウォールの旧製品に対して脆弱性の悪用を試みる動きがあるとし、脆弱性を解消するパッチを用意。ホットフィクスを受け入れる設定となっていれば自動的に適用されるとしている。

同社は、サポートを終了した製品が攻撃者の標的になっているとし、機器やファームウェアを最新のものへアップグレードすることを強く推奨している。

(Security NEXT - 2023/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を