Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィールド実験で収集した顔写真などが流出した可能性 - 阪大

大阪大学は、大学院基礎工学研究科のシステムが侵害され、一部データが暗号化されたほか、フィールド実験で収集された顔写真などのデータが外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同大によれば、10月28日に管理するシステムが侵害され、一部のファイルを暗号化されたことが11月1日に判明したもの。被害を受けたシステムを調べたところ、フィールド実験を行った際に収集した顔写真が保存されており、アクセスできる状況だったことがわかった。

2021年11月や2023年7月に同研究科の研究室で実施した対話ロボットの効果の検証を目的としたイベントのフィールド実験で収集したもので、イベント場所の近くを通行した不特定多数の人物が写り込んでいる可能性があるという。

同大では、画像や動画より個人を特定することは難しく、要配慮個人情報などは含まれていないとが、公開にあたって了承を得ていないため、事態を公表した。二次被害は確認されていない。

またロボットのCGを利用したオンライン会議実験で記録した動画も保存されていた。動画に含まれる人物については特定できており、個別に経緯を報告、謝罪している。

(Security NEXT - 2023/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施