Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「東京都水道局」をかたるフィッシング - 「水道料金が未払い」と誘導

東京都は、都水道局をかたり偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されているとして注意を呼びかけた。

同局によれば、「水道料金の支払い状況についての通知」との件名でフィッシングメールが出回っているもの。

メールの本文では、「お客様のアカウントには未払いの水道料金があり、サービスの中断を避けるため、できるだけ早くこの請求書を処理するようお願い申し上げます」などと記載。同局のロゴなども盗用していた。

メール内のリンクでは、「東京都水道局アプリ」のページに似たフィッシングサイトに誘導。氏名や携帯電話番号などを入力するよう促す。

都は、「東京都水道局アプリ」の利用者に限り、未払い料金の支払いを求めるメールを送ることはあると説明。一方、リンクによる誘導先で個人情報の入力を求めることはないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施