Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム感染で障害、システム図面などが流出 - レスターHD

半導体や電子部品を取り扱うレスターホールディングスは、同社およびグループ6社で利用するサーバがランサムウェアの被害に遭ったことを明らかにした。

同社によれば、12月5日にサーバを侵害されて「LockBit」と見られるランサムウェアに感染し、システム障害が発生したもの。

同サーバは、同社やレスターエレクトロニクス、レスターデバイス、レスターコミュニケーションズ、レスターソリューションサポート、バイテックエネスタ、バイテックベジタブルファクトリーで利用していた。

12月6日時点で、ファイルサーバにおけるフォルダ情報の画像2件、レスターコミュニケーションズのシステム図面4件、そのほかサンプル画像8件の流出が確認されている。

製品の出荷活動は継続しているものの、一部出荷やカスタマーサポートなどに影響が広がっている。

同社ではサーバを停止し、外部ネットワークから遮断するなど対策を講じるとともに、外部協力のもと侵害された原因、攻撃経路、情報流出の範囲など調査を進めている。

(Security NEXT - 2023/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用