Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SysAidのITSMツールにゼロデイ攻撃 - 更新や侵害状況の確認を

SysAidのITサービス管理ツールに脆弱性が存在し、ゼロデイ攻撃が展開されていたことがわかった。ランサムウェアの感染活動にも悪用されるおそれがあり、同社は最新版に更新するとともに侵害された兆候がないか確認するよう利用者に呼びかけている。

同製品においてパストラバーサルの脆弱性「CVE-2023-47246」が明らかとなったもの。悪用されるとコードを実行されるおそれがある。攻撃を観測したマイクロソフトが同社に報告。SysAidではProferoの協力のもと脆弱性を特定し、アップデートをリリースした。

MSによると、同脆弱性は「FIN11」「TA505」「DEV-0950」などとしても追跡されており、ランサムウェア「Cl0p」を用いることで知られる攻撃グループ「Lace Tempest」によって悪用されていたという。同グループは「MOVEit Transfer」などに対してもゼロデイ攻撃を展開したことで知られる。

「CVE-2023-47246」を悪用することでSysAidのオンプレミス環境にウェブシェルを設置。PowerShellスクリプトを実行してダウンローダーである「Gracewire」を展開していた。組織内よりデータを窃取されたり、ランサムウェアによる攻撃を受けるおそれがある。

同社では設置されたファイルや通信先などの「IoC(Indicators of Compromise)」情報を公開。同脆弱性が修正された「同23.3.36」にアップロードされているか確認するとともに、ネットワークが侵害されていないか評価し、何らかの兆候を見つけた場合はすぐに対策を講じるよう求めている。

(Security NEXT - 2023/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市