Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先がランサム被害、発注データ流出のおそれ - 積水ハウス

積水ハウスは、業務委託先がランサムウェアによる被害に遭い、顧客情報を含む部品発注データが外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、業務委託先である山口金属曲板工業において、脆弱性を突かれて生産システムサーバがランサムウェアに感染する被害が発生したもの。9月19日に同社より連絡を受けたという。

サーバ内のデータが暗号化されており、過去15年分の発注データが外部に流出した可能性がある。対象となるのは、積水ハウスまたは積水ハウスリフォームにて業務を請け負い、2007年12月6日から2023年10月23日までに着工または着工予定の顧客11万667件。氏名のほか、このうち1261件については建築地住所も含まれる。

生産システムについては代替手段を用意しており、委託業務への影響は生じていないとしている。同社では、対象となる顧客に書面やメールで連絡を取る。また個人情報保護委員会へ報告した。警察には被害が生じた山口金属曲板工業が相談している。

また今回の問題を受けて、生産調達部門の委託先に対し、サーバにおけるマルウェアのチェックや、過去の発注データをネットワーク外で管理すること、データを削除することなどを要請した。

(Security NEXT - 2023/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業
外来受診者の一部名簿が所在不明に - ちば県民保健予防財団