Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ「Firefox 117」がリリース - 脆弱性13件を解消

Mozilla Foundationは、現地時間8月29日にブラウザの最新版「Firefox 117」をリリースした。

今回のアップデートでは、クレジットカードの自動入力機能について対象地域を拡大したほか、コンテキストメニューの表示に関する調整やバグの修正などを行った。

さらにCVEベースで13件の脆弱性を修正している。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

2番目に高い「高(High)」となる脆弱性が7件。整数オーバーフローの脆弱性やメモリ破壊の脆弱性に対処した。さらに「中(Moderate)」とされる4件や、「低(Low)」とされる2件を解消している。

あわせて延長サポート版となる「Firefox ESR 115.2」「同102.15」をリリースした。「Firefox 117」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-4573
CVE-2023-4574
CVE-2023-4575
CVE-2023-4576
CVE-2023-4577
CVE-2023-4578
CVE-2023-4579
CVE-2023-4580
CVE-2023-4581
CVE-2023-4582
CVE-2023-4583
CVE-2023-4584
CVE-2023-4585

(Security NEXT - 2023/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom