Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レストラン運営会社の顧客管理システムに不正アクセス

レストラン事業を展開するHUGEは、顧客管理システムが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。開発中のサイトより窃取したアクセス情報をもとに、システムが稼働するサーバへ侵入したものと見られる。

同社によれば、8月6日早朝、同社が運用する顧客管理システム「The HUGE CLUB」のサーバで障害が発生し、第三者がアクセスした痕跡が確認されたもの。

調査を行ったところ、サーバ内部に侵入され、一部データが削除されていることが判明。サーバ内部には顧客情報を保存するファイルが含まれていたが、同データも削除されていた。

対象となるのは、2021年6月15日から2022年9月19日にかけて顧客管理システムに登録した顧客9万6938人の氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、予約履歴、ポイント履歴といった情報。不正利用は確認されていないが、外部に流出した可能性もあり、影響について外部協力のもと引き続き調査を進める。

不正アクセスを受けた原因については、顧客管理システムと連携する開発中のECサイトから、サーバへアクセスするための一部情報を窃取され、サーバが侵害された可能性が高いとしている。同社では8月10日に、対象となる顧客にメールで報告と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2023/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を