Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ508件の脆弱性に対処

Oracleは、四半期ごとの「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を現地時間7月18日に公開した。あらたにのべ508件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートは、同社製品や実装するサードパーティ製コンポーネントなどに明らかとなった脆弱性に対処したもの。508件のセキュリティパッチを提供しており、重複を除くとCVEベースで183件の脆弱性に対応している。

「Oracle NoSQL Database」「Oracle Java SE」「Oracle MySQL」をはじめ、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle E-Business Suite」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle PeopleSoft」のほか、対象製品は多岐にわたる。「Oracle WebLogic Server」の修正なども含まれる。

のべ508件の脆弱性について影響を見ると、372件はネットワーク経由で認証なしに攻撃が可能としている。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、320件については「7.0」以上、さらにこのうち76件は、「9.0」以上と評価されている。

同社は、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認したうえで早期にアップデートを適用するよう利用者に強く推奨している。

(Security NEXT - 2023/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
6月に「Interop Tokyo 2024」開催 - テーマは「AI社会とインターネット」
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加