Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害、侵入経路はVPN脆弱性 - 日本コンクリート工業

日本コンクリート工業は、ランサムウェアによるサイバー攻撃を受けた問題で、被害状況などの調査結果を公表した。サーバ11台で暗号化被害が確認されており、定時株主総会において決算報告ができないなど影響が出ている。

同社では、5月6日にランサムウェアによりファイルを暗号化される被害を確認。事態を公表するとともに、外部協力のもと原因究明や復旧作業を進めていた。

調査の結果、サイバー攻撃は5月3日より開始され、同月5日深夜に本格化したことが判明。ファイアウォールのVPN機能に存在した既知の脆弱性を突かれ、ネットワークに侵入されたという。

攻撃者は侵入後に総当たり攻撃を行い、管理者のパスワードを取得。情報資産があるシステムへログインしてランサムウェアを展開しており、調査を行ったサーバ15台のうち11台で暗号化の被害が確認された。

パソコンに関しては、一部アクセスを試行された痕跡が確認されたものの、いずれも感染には至っていない。

(Security NEXT - 2023/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県