Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むリストを誤送信、同姓の別人に - ニッカトー

工業用セラミックの製造、販売を手がけるニッカトーは、社内で共有する取引先の情報含むリストを、外部にメールで送信するミスがあったことを明らかにした。

同社によれば、5月24日に「ライナー納期調整リスト」を社内で共有するため、メールで送信したところ、本来の送信先となる従業員と同姓の他社従業員のメールアドレスに誤送信した。問題のリストには、取引先12社分の社名、製品名称、数量、納期が含まれる。

同社では添付ファイルを送信する際、送信後に別途パスワードを送信するシステムを導入しており、パスワードも同時に誤送信先へ送信していた。

問題判明後、誤送信先に連絡して経緯を説明したうえでメールの削除を依頼した。誤送信先からは、メールを開封することなく削除したとの返答があったという。

(Security NEXT - 2023/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市