Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティ担当者による「日本CISO協会」が発足

セキュリティに関連する情報の交換や情報発信を目的とした「日本CISO協会」が発足した。

同協会は、組織のセキュリティ責任者である「CISO」の情報共有などを目的とした団体で、ITやセキュリティ、ガバナンス、コンプライアンス、リスクマネジメント、事業継続といった企業経営に関する情報の発信や情報交換などを計画している。

シスコシステムズ、NANAROQ、日本ヒューレット・パッカード、日本オラクル、BSIグループジャパンが運営委員会のメンバーとなり、発足にあたってはミクシィ、ソフトバンクモバイル、日本ベリサインなどが参加。今後は2011年12月31日までに200社の参加を目指している。

(Security NEXT - 2010/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
日本気象協会の偽サイトに注意 - 個人情報詐取のおそれも
メール誤送信で講座申込者のメアド流出 - 久留米地区職業訓練協会
自転車防犯登録カード535件が未登録、一部が所在不明 - シナネンHD子会社
イベント参加者向けメールで誤送信 - メールリストにズレ
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
JIPDEC、ECサイト関連事業者にセキュ対策徹底を呼びかけ - 啓発セミナーも開催
YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に