Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 過去の修正が不完全で

「Apache Tomcat」においてサービス拒否の脆弱性が判明した。4月中旬にリリースしたアップデートで修正済みだという。

開発チームが現地時間5月22日にアドバイザリを公表し、脆弱性「CVE-2023-28709」について明らかにしたもの。「CVE-2023-24998」に関連する脆弱性としており、重要度は「中(Moderate)」とレーティングしている。

「CVE-2023-24998」は、もともとファイルのアップロード機能を提供する「Apache Commons FileUpload」に明らかとなった脆弱性で2月20日にリリースされた「同1.5」にて修正されている。

同パッケージを実装する「Apache Tomcat」も同脆弱性の影響を受けることから、「同10.1.5」「同9.0.71」「同8.5.85」にて対応していた。

しかし現地時間3月13日に報告があり、「Apache Tomcat」における同脆弱性への修正が不十分であることが判明。これを受け、開発チームは4月中旬にリリースした「Apache Tomcat 10.1.8」「同9.0.74」「同8.5.88」にて修正を行なっており、同バージョン以降へ更新するよう呼びかけている。

お詫びと訂正:本記事初出時において一部CVE番号に誤りがありました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

 

(Security NEXT - 2023/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用