Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交付前のマイナンバーカード11枚が所在不明に - 山鹿市

熊本県山鹿市は、交付前のマイナンバーカード11枚が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、職員が4月24日に翌日に交付を予定していたマイナンバーカードを準備していたところ、2枚が見当たらないことに気づいた。さらに在庫を確認したところ、11枚を紛失していることが判明したという。全職員で執務室やごみ集積所などを確認したが発見できず、紛失した原因などもわかっていない。

マイナンバーカードは、執務室内の金庫で情報システム機構から送付された小箱で一時保管。交付前の設定処理や交付通知書の発送作業を終えると専用のプラスチックケースへ移して保管することとなっているが、カードを入れたまま小箱を廃棄してしまった可能性が高いという。

同市では対象者に対して経緯を説明するとともに謝罪。マイナンバーカードに暗証番号などは設定されておらず、悪用される可能性は低いとし、本人了解のもと、個人番号については変更せずに再申請を行う方針。

今後は複数人のチェックのもと、処理や確認作業を行い、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2023/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
6月に「Interop Tokyo 2024」開催 - テーマは「AI社会とインターネット」
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
Veeamのバックアップ管理ツールに深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ