Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府委託調査でメール誤送信、景気ウォッチャーのメアド流出

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、同社が内閣府より受託している景気ウォッチャー調査の業務において、関係者の一部メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社では、同事業において関東甲信越地域の調査を日本経済研究所へ再委託しているが、同社においてメールの送信ミスがあったという。

4月25日9時ごろ、2023年4月調査の開始にあたり、メールで景気ウォッチャー宛てに連絡を行なったが、送信先のメールアドレスを誤って宛先に入力。受信者間に最大194人分のメールアドレスが流出した。

誤送信の判明後、対象となる関係者に謝罪。誤って送信したメールを削除するよう依頼している。

(Security NEXT - 2023/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院