Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公開資料に非公開とすべき個人情報、墨塗するも不備 - 東京都

東京都は、建設局のウェブサイトにおいて公開した資料に、非公開の氏名が特定操作により確認できる状態で含まれていたことを明らかにした。

都によれば、建設局ウェブサイトで公表した資料において、墨塗りされた1人分の氏名が、2022年5月から2023年4月にかけて、特定の操作を行うことで確認できる状態となっていたもの。

4月14日に他部署の都職員より連絡があり問題が判明。ウェブサイトでの公開を停止した。あわせて対象者に謝罪を行った。

PDF化の作業を行なった職員が、こうした問題が生じる可能性を認識しておらず、チェック体制も不十分だったという。都では関係部署に内容を周知し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2023/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ