Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで情報流出、メンテ用機器から侵入か - シード

コンタクトレンズメーカーのシードは、不正アクセスを受け、個人情報を含む一部ファイルが流出したことを明らかにした。ネットワーク機器の脆弱性を突かれた可能性が高いという。

同社によれば、2022年11月29日未明に同社鴻巣研究所のサーバで障害を確認。サイバー攻撃による攻撃を受けたものとして、外部協力のもと原因や経路、情報流出の有無など調査を進めていた。

調査の結果、外部ウェブサイトにおいて同社関連先の個人情報6件含むファイル11件が流出していることを確認。これらデータ以外については、流出の痕跡は確認されていないものの、最大約7万700件の個人情報が流出した可能性があるという。

対象となるのは、同社従業員や家族、取引先などを対象に同社子会社のシードアイサービスが実施したファミリーセールにおける商品の購入者。氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、購入履歴などが含まれる。同社では関係者に対して個別に連絡を取るとしている。

侵入経路は、システムメンテナンス用に設置していたネットワーク機器の脆弱性を突かれた可能性が高いと説明。本誌取材に対し、機器の具体的なメーカーや脆弱性については言及を避けた。

(Security NEXT - 2023/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開