Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス権限設定ミス、情報流出の可能性 - ソフトウェア会社

ソフトウェアの開発などを手がけるエスディーテックは、アクセス権限の設定に問題があり、顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、3月27日に本来アクセスが制限されるべきファイルサーバのフォルダにおいて権限の設定ミスがあることが判明したもの。

アカウントが発行されているすべてのユーザーがアクセスできる状態となっていた。取引先担当者の氏名、会社名、電話番号のほか、株主関連情報、従業員情報などが流出した可能性があるという。

従業員がパソコンのセットアップを行なった際に問題へ気がついた。過去のメンテナンス時に本来付与すべきではない権限が付与され、そのままとなっていたものと見られる。ファイルパスは一部関係者のみ通知していた。

同社では対象となる関係者に経緯の説明と謝罪を行なった。また4月5日に個人情報保護委員会へ報告している。

(Security NEXT - 2023/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区