Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

焼却予定の行政文書を資源物回収所に誤廃棄、個人情報も - 上越市

新潟県上越市は、一時保管していた焼却予定の行政文書を誤って資源ゴミとして廃棄していたことを明らかにした。

同市によれば、同市職員が資源ゴミの回収ステーションに同市内部文書を誤って廃棄したもの。4月6日に住民より通報があり問題が判明し、結束された状態の文書約20束、1万3979枚を回収した。

内容を確認したところ、議会資料などの行政文書にくわえ、住民の氏名、住所、電話番号など、のべ947人分の個人情報が記載された文書なども含まれていた。

後日に焼却処理を予定しており、シュレッダーによる裁断処理などを行うことなく焼却施設の管理棟内にある車庫で一時的に保管していたが、職員が誤って同じ車庫で保管していたほかの資源物とともに資源物の回収ステーションに持ち込んでしまったという。

同市では、個人情報や公文書の取扱管理を徹底し、一時保管することなくシュレッダーで裁断処理したり、焼却処分を行うことで再発の防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2023/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を