Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡県暴力追放運動推進センターがサポート詐欺被害 - 情報流出のおそれも

一方、攻撃者の要求したプログラムのインストールから、端末よりネットワークケーブルを抜線するまで約20分が経過しており、その間に端末が攻撃者によって不正に操作されたおそれがある。

端末の内部には相談者や同センター関係者など、のべ3500人分の個人情報を含む業務データが保存されており、窃取された可能性がある。

同センターでは、警察へ被害を届けるとともに、同センターや職員をかたる電話や郵便物に注意するよう呼びかけた。届いた場合も開封したり、相手の要求に応じることなく、同センターへ確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2023/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性