Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層向けCTFのアジア選抜予選、「ACSC 2023」がまもなく開催

若年層を対象としたCTFコンテスト「Asian Cyber Security Challenge 2023(ACSC 2023)」が、2月25日から26日にかけてオンラインにて開催される。

同イベントは、アジア地域に在住する26歳未満の若年層を対象としたCTFコンテスト。欧州ネットワーク情報セキュリティ庁(ENISA)が開催する「International Cyber security Challenge(ICC)」のアジア予選に位置づけられる。

予選は個人戦となり、アジア地域の代表チーム選手15人を選抜する予定。本戦となる「ICC 2023」へ参加するための旅費については各国のステアリングコミッティより支給される。

「ICC 2023」は、米国のサイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)などがホストとなり、2023年8月に開催される見込み。イベントの詳細や参加登録は、「ACSC」のウェブサイトから。

前回「ICC 2022」の様子はこちらから。

(Security NEXT - 2023/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施