Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングURLが大幅減 - 10カ月ぶりに1万件下回る

同協議会が設置する調査用メールアドレスで受信したフィッシングメールの約82.2%は、差出人として正規のドメインを用いた「なりすましメール」だった。

62.9%は、送信ドメイン認証技術「DMARC」により受信の拒否や隔離が可能だった。一方33.7%は、「DMARC」のポリシーが「none」とされていたり、「DMARC」に未対応のドメインだった。独自ドメインが使われるなど、送信ドメイン認証により判別できないメールは3.4%となっている。

送信元のIPアドレスを見ると、中国の通信事業者からの大量配信メールが約75.9%と依然として多い。

また米国の大手クラウドサービスや国内ホスティング事業者を発信元としたフィッシングメールの増加も観測されている。

(Security NEXT - 2023/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装