Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処

ソフトウェアの分散型バージョン管理システムである「Git」に複数の深刻な脆弱性が判明した。アップデートが提供されている。

ログにおいてフォーマットを指定している場合に、一部演算子の処理に問題があり整数オーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2022-41903」が判明したもの。また「gitattributesファイル」のパース処理にも整数のオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-23521」が存在するという。脆弱性を悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。

CVE番号を採番したGitHubでは、これら脆弱性についていずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

くわえてWindows版の「同2.39.0」では、GUIツールおけるクローン機能に信頼できない検索パスへのアクセスが行われるおそれがる脆弱性「CVE-2022-41953」が判明した。CVSS基本値は「8.6」、重要度は「高(High)」。

開発チームでは、これら脆弱性を解消したほか、バグの修正やセキュリティ面の強化などを行った「Git 2.30.7」を公開。同様の修正を行った「同2.39.1」「同2.38.3」「同2.37.5」「同2.36.4」「同2.35.6」「同2.34.6」「同2.33.6」「同2.32.5」「同2.31.6」もあわせてリリースしており、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省