Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ManageEngine」24製品に深刻な脆弱性 - 悪用容易、アップデートを

Zohoが提供するIT運用管理製品シリーズ「ManageEngine」にリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性が明らかとなった。対象製品は多岐にわたり、悪用も容易なことから利用者は早急に対処することが求められる。

同製品の依存関係にある「Apache Santuario」に起因し、認証なしにリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2022-47966」が明らかとなったもの。

「SAML」によるシングルサインオンを有効化している場合に悪用されるおそれがある。また製品によっては、無効化していても過去に有効化したことがある場合、影響を受ける。

対象製品は、「ManageEngine ADManager Plus」「ManageEngine Application Control Plus」「ManageEngine Password Manager Pro」「ManageEngine Asset Explorer」「ManageEngine ServiceDesk Plus」など24製品にのぼる。

同社では、脆弱性の重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティング。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアについては示していない。

(Security NEXT - 2023/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大