Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響

今回の問題に関連し、会計事務所や地方公共団体向けに情報サービスを提供しているTKCでは、今回不正通信が行われていたネットワーク機器を会員向けメールサービス「ProFITメール」で利用しており、情報が流出した可能性があることを明らかにした。

11月7日から翌8日にかけて特定の時間帯に送受信したメールが外部から閲覧された可能性があることが判明。1回につき10〜15分間、3回にわたりあわせて35分間、問題の状況が発生した。

対象となる会員やメールの具体的な件数については「回答を控える」として明らかにしていない。同社では、影響を受けた会員に対して事態を報告。今回のインシデントによりサービスが停止するといった影響などはなかった。

富士通に関しては、2022年5月にも、同社グループが利用するクラウドサービスのネットワーク機器において脆弱性を突かれる不正アクセスがあり、侵害された痕跡が見つかっている。

(Security NEXT - 2023/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査