Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英語検定試験「TOEIC」の申込サイトに大量のログイン試行

国際ビジネスコミュニケーション協会が運営する英語検定試験「TOEIC」の申し込みサイトが、パスワードリスト攻撃を受けたことがわかった。

同協会によれば、1月8日より翌9日にかけて「TOEIC申込サイト」に対し、約26万回に及ぶログインの試行が行われたという。58件のアカウントが、本人以外の第三者による不正ログインを許した。

対象となるアカウントでは、氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、登録IDのほか、任意で利用者が登録した出身国、母国語、秘密の質問などの情報を閲覧されたおそれがある。同サイトでは、試験の申し込み状況や過去の試験結果なども閲覧できるが、そうしたページへのアクセスは確認されていない。

同団体の情報システム部門において同月8日に攻撃を検知し、対策を講じた。同月10日以降、同様の被害は確認されていないという。大量のログイン試行に対してログインを許したアカウントが限られており、同団体以外で入手したアカウント情報を用いた「パスワードリスト攻撃」であると同団体では見ている。

被害が確認されたアカウントについては、一時停止措置を講じ、関係者へメールや書面で連絡を取った上で利用再開に向けた手続きを進めている。また他利用者に対しても、パスワードの使い回しを避けるよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2023/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に