Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合

埼玉県や同県市町村で構成される彩の国さいたま人づくり広域連合は、使用するメールサーバの管理者アカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同広域連合のメールサーバが不正アクセスを受け、メールサーバの管理者アカウントが侵害されたもの。翌10日に問題が発覚した。

今回の不正アクセスにともない、1月9日0時ごろから翌10日10時前にかけて、同広域連合のメールアカウント5件より、不特定多数に対して約17万件の迷惑メールが不正に送信された。

問題のメールは英文で記載されており、「メールアカウントが無効になっている」などとだまし、本文内のリンクより外部サイトに誘導する内容だった。

同県によれば、不正アクセスを受けた管理者アカウントに関して、パスワードが単純であったり、短いといった不備はなかったという。同アカウントにおけるフィッシング攻撃の被害なども1月12日の時点では確認されておらず、第三者がパスワードを特定した経緯はわかっていない。

(Security NEXT - 2023/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入