Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合

埼玉県や同県市町村で構成される彩の国さいたま人づくり広域連合は、使用するメールサーバの管理者アカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同広域連合のメールサーバが不正アクセスを受け、メールサーバの管理者アカウントが侵害されたもの。翌10日に問題が発覚した。

今回の不正アクセスにともない、1月9日0時ごろから翌10日10時前にかけて、同広域連合のメールアカウント5件より、不特定多数に対して約17万件の迷惑メールが不正に送信された。

問題のメールは英文で記載されており、「メールアカウントが無効になっている」などとだまし、本文内のリンクより外部サイトに誘導する内容だった。

同県によれば、不正アクセスを受けた管理者アカウントに関して、パスワードが単純であったり、短いといった不備はなかったという。同アカウントにおけるフィッシング攻撃の被害なども1月12日の時点では確認されておらず、第三者がパスワードを特定した経緯はわかっていない。

(Security NEXT - 2023/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんで不正なページが表示 - 手芸用品メーカー
企業承認者のメアド流出、システム不具合で - 案件紹介サービス
再委託先でメール誤送信、イベント参加者のメアド流出 - 香川県
不正アクセスを受け、不正なメール送信 - SOMPO HD傘下の開発会社
県立高でのメール誤送信、Outlookの「取消機能」で再発 - 三重県
「JBoss RichFaces」に対する脆弱性攻撃に注意喚起 - 米当局
ランサム被害、中小企業が6割弱 - 暗号化しない脅迫も
ネットバンク不正送金が前四半期の2倍超 - 過去最悪に
「サイバーセキュリティ関係法令 Q&Aハンドブック」が改訂
企業の健診結果を別企業へメールで誤送信 - 日大病院