Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、2023年1月の月例セキュリティパッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応

マイクロソフトは、2023年最初となる月例セキュリティ更新プログラムを公開した。98件の脆弱性に対処しており、すでに悪用が確認されている脆弱性も含まれる。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Office」をはじめ、「Microsoft Exchange Server」「Azure」「.NET Core」「Visual Studio Code」「Microsoft Graphicsコンポーネント」ほか、幅広い脆弱性に対応した。

CVEベースで98件の脆弱性を修正。最大重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は11件で、2番目に重要度が高い「重要(Important)」とされる脆弱性が87件となっている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアを見ると、84件については「7.0」以上と評価されている。ただし、「9.0」以上とされる脆弱性は含まれていない。

脆弱性によって影響は異なるが、33件についてはリモートよりコードを実行されるおそれがある。さらに権限昇格の脆弱性39件に対処した。

そのほか、情報漏洩の脆弱性10件、サービス拒否10件、セキュリティ機能のバイパス4件、なりすましの脆弱性2件を解消している。

(Security NEXT - 2023/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム