Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体へ送付する過程で障害者手帳などが所在不明に - 東京都

東京都は、精神障害者保健福祉手帳や関連書類が、都から国立市へ送付する過程で所在不明となったことを明らかにした。

都によれば、12月6日に東京都中部総合精神保健福祉センターより20市宛てに発送した精神障害者保健福祉手帳および関連書類のうち、国立市の手帳9人分と記載事項変更一覧表3人分が所在不明になっているもの。氏名、住所、生年月日、障害等級、家族1人の氏名が含まれる。

センターから都庁を経由して送られるが、12月14日に国立市から対象の手帳が届いていないとの連絡があり、所在がわからなくなっていることが判明。都と国立市で探索したが見つかっていない。

対象者に対して国立市が連絡し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応