Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Veeam製バックアップ製品を狙う脆弱性攻撃が発生 - 早急に対処を

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に6件の脆弱性を追加した。Veeam Softwareのバックアップ製品も攻撃のターゲットとなっている。

同リストは、積極的に悪用されていることが確認された脆弱性について、米政府がリストとして公表しているもの。すでに脆弱性を突かれ、侵害されていた場合、アップデートにより脆弱性を修正するだけでは根本的な問題は解決せず、追加の対応が必要となる場合もあるため注意が必要。

現地時間12月13日、14日にあわせて6件の脆弱性を追加した。なかでも注目されるのは、Veeam Softwareのバックアップ製品「Veeam Backup & Replication」に関する脆弱性「CVE-2022-26500」「CVE-2022-26501」だ。

2022年3月にアドバイザリがリリースされた脆弱性で、悪用されるとTCP 9380番ポートで稼働する「Veeam Distribution Service」経由で内部APIへアクセスが可能となり、認証なしにリモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

同社は共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングし、脆弱性を修正するパッチを提供している。具体的な悪用の手口などは明らかとなっていないが、早急な対処が求められる。

(Security NEXT - 2022/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発