Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員アカウントがスパムの踏み台に - 横浜市内の私学

橘学苑中学校・高等学校は、同校教員のメールアカウントが不正アクセスを受け、不特定多数に迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同校によれば、教員1人のメールアカウント1件が不正アクセスを受け、12月8日9時前から10時半過ぎにかけて約1時間40分にわたり、同アカウントを踏み台として、メールサーバより不特定多数に対し大量の迷惑メールが送信されたという。

アカウントが侵害された原因はわかっていない。メールサーバを契約している外部事業者より連絡があり判明した。送信先は過去に同教員とやり取りしたことがないメールアドレスだったという。

送信されたメールの多くはセキュリティ機能によりブロックされたとしているが、期間中に同校ドメインよりメールを受信した場合は、添付ファイルやURLなどへアクセスせず、破棄するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省