Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco製IP電話に脆弱性、PoCが公開済み - パッチは来年公開予定

Cisco Systemsが提供する一部IP電話にゼロデイ脆弱性が明らかとなった。すでに実証コード(PoC)が公開済みだという。

「Cisco IP Phone 7800シリーズ」や、「Cisco Wireless IP Phone 8821」以外の「同8800シリーズ」に脆弱性「CVE-2022-20968」が明らかとなったもの。

「Cisco Discoveryプロトコル」の処理において入力検証に不備があり、細工されたパケットを処理するとスタックオーバーフローが生じ、リモートよりコードを実行されたり、サービス拒否を引き起こすおそれがある。

隣接ネットワーク内より攻撃が可能であり、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.1」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

脆弱性が実際に攻撃へ悪用されたとの報告はないが、脆弱性について公開の場で議論されており、概念実証のエクスプロイトコードが入手できる状態にあるという。

(Security NEXT - 2022/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性
Google、ブラウザ最新版「Chrome 122」を公開 - 複数脆弱性を解消
「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を