Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を

Atlassianが提供する「Bitbucket」にコマンドの実行が可能となる深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

「Atlassian Bitbucket Server」「同Data Center」の「同7.0.0」以降において、環境変数の処理にコマンドインジェクションが可能となる脆弱性「CVE-2022-43781」が存在することが明らかとなったもの。

ユーザー名を操作できる場合に脆弱性を悪用することが可能としており、システム上でコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、RyotaK氏による報告で明らかとなったもので、同7系にくわえて、8系についても特定の環境下において脆弱性の影響を受けるとしている。

同社は脆弱性について共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを「9.0」、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングした。ただし優先度は「低(Low)」としている。

(Security NEXT - 2022/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応