Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市

神奈川県川崎市は、介護保険料に関する還付請求書類の一部が、所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、介護保険の関連事務を委託している川崎市保険事務センターより、9月22日に宮前区役所へ送付された9件、および麻生区役所宛てに送付された10件の所在がわからなくなっていることが10月14日に判明したもの。

還付請求書には、被保険者の氏名、住所、電話番号、被保険者または委任された者の氏名、口座情報、還付額などが記載されていた。還付金の支払いについては完了している。

支払対象者リストと請求書の突合作業を行なったところ、紛失が判明。事務センターより送付された書類の内容、時期を確認する方法がなく、発覚までに時間を要したという。

同市では関係者へ謝罪するとともに書類の探索を継続。送付した文書や時期をシステムにおいて確認できるようにするとともに、専用の封筒を用いて管理番号を付与するなど、文書の授受にあたり管理体制を強化し、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
個人情報含む公文書など紛失、廃棄年度未記載で誤廃棄か - 三重県
マイナンバーカードが入った生徒の財布を紛失 - 埼玉県の高校
駅ホームで書類を落として飛散、一部未回収 - 北海道
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
マンション入居者の個人情報含む書類を紛失 - ユニオン・シティサービス