Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も

ワコムが運営するオンラインストアが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によると「ワコムストア」において、2021年2月22日よりサイトを閉鎖した2022年4月19日正午までの期間中に不正アクセスを受けたことが判明したもの。

不正アクセスの影響で、過去に同ストアを利用した顧客14万7545人に関する個人情報が流出した可能性がある。氏名や性別、住所、電話番号、メールアドレスのほか、一部顧客に関してはIDやポイント、所属組織名、生年月日、職業分類なども含まれる。

さらに2022年2月19日から2022年4月19日午前にかけて、決済アプリケーションを改ざんされ、同期間中に商品を購入する際に入力されたクレジットカード情報最大1938件を外部へ送信され、悪用された可能性があることも判明した。

クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードのほか、メールアドレスも窃取されたおそれがある。

(Security NEXT - 2022/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応