Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害

スキンケア商品を扱う通信販売サイト「akaran公式オンラインストア」において顧客情報が外部に流出し、一部クレジットカード情報が不正に利用された可能性があることがわかった。以前運用していたシステムが不正アクセスを受けたという。

同サイトを運営するAkaraNによれば、2020年12月16日から2021年12月8日にかけて同サイトで商品を購入した顧客に関するクレジットカード情報8483件が流出し、不正に利用された可能性があることが判明したもの。

クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードのほか、メールアドレス、電話番号なども対象としている。

脆弱性が突く不正アクセスにより、決済モジュールが改ざんされた。攻撃を受けたのは同サイトの旧システムとしており、現在は異なるサーバとアプリケーションでサイトを運用しているという。

6月23日にクレジットカード会社より情報流出の可能性について指摘があり、同日に個人情報保護委員会へ報告。翌24日にクレジットカードによる決済を停止した。

(Security NEXT - 2022/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も