Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東海国立大学機構がランサム被害 - ログに総当り攻撃の痕跡

東海国立大学機構は、運用するサーバがランサムウェアによるサイバー攻撃を受け、大学関係者に関する個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同機構によれば、2021年7月より運用を開始した「Microsoft 365」のアカウントを管理する認証システムのサーバに対して、外部よりサイバー攻撃が行われたもの。ランサムウェアによりデータの一部を暗号化され、ログ解析の結果、最大約4万人分の個人情報が流出した可能性があることがわかった。

対象となるのは、2021年7月以降に名古屋大学に所属した学生および教職員と、2022年5月以降に岐阜大学に所属した教職員。氏名や所属、身分、生年月日、性別、学生番号、職員番号にくわえて、機構のID、アカウント、ハッシュ化されたパスワード、メールアドレスなどが含まれる。

10月17日に利用者からパスワードを変更できないとの連絡があり、調査を行ったところ、翌18日にデータが暗号化されていることを確認した。復元したければ連絡するよう攻撃者によるメッセージが英語で残されていたという。

ネットワーク機器の設定に不備があり、外部より問題のシステムへアクセスできる状態となっており、サーバのログを確認したところ、パスワードの総当たり攻撃を受けていたことが判明した。

(Security NEXT - 2022/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性