Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同姓同名の別人に納税通知書を約17年にわたり誤送付 - 鎌倉市

神奈川県鎌倉市は、同姓同名の別人を物件の共有者として登録するミスがあり、2006年から約17年にわたり、納税通知書を誤送付していたことを明らかにした。

同市によれば、1973年に物件の共有者を登録をした際、誤って同姓同名の別人を登録していたことが判明したもの。同市では2006年より共有者に対しても納税通知書の発送を開始しており、約17年にわたり別人に送付していた。

共有物件の納税者が、納税通知書の送付先について変更を届け出るため来庁したした際、職員が税基幹システムで確認したところ、共有者として同姓同名の別人を登録していたことが判明したという。

誤って送付していた通知書には、共有代表者の氏名、共有人数、資産の所在地番、課税標準額、固定資産税などが記載されている。納付書は代表者に送付されており、税の誤納付などは発生していなかった。

同市では誤送付先に対して謝罪し、納税通知書の返送を依頼。本来の送付先である共有者に対しても経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市