Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Ivy」のパス処理に複数の脆弱性 - アップデートで修正

ライブラリの依存関係を管理できる「Apache Ivy」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

「zip」「jar」「war」といったパッケージを展開する際に対象となるパスを検証しない脆弱性「CVE-2022-37865」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用することで、ファイルシステム上の任意の場所にファイルを書き込んだり、上書きすることが可能となる。

またリポジトリよりダウンロードするデータの処理にパストラバーサルの脆弱性「CVE-2022-37866」が判明した。開発チームでは、いずれも脆弱性の重要度を「中(Medium)」とレーティングしている。

一方米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において「CVE-2022-37865」のベーススコアを「9.1」、重要度を「クリティカル(Critical)」、「CVE-2022-37866」についてはCVSS基本値を「7.5」、重要度を「高(High)」と評価している。

開発チームでは、脆弱性に対処した「同2.5.1」を現地時間11月4日に公開。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性