Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ADC」「Citrix Gateway」のVPN機能に深刻な脆弱性 - 早急に更新を

Citrix Systemsが提供する「Citrix ADC」「Citrix Gateway」に深刻な脆弱性が明らかとなった。利用者に対し、できるかぎり早急にアップデートを適用するよう呼びかけられている。

3件の脆弱性「CVE-2022-27510」「CVE-2022-27516」「CVE-2022-27513」が明らかとなったもの。両製品において「SSL VPN機能」を使用したり、認証が必要なICAプロキシとして利用している場合に影響があり、同社は脆弱性の重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

「CVE-2022-27510」は、ゲートウェイにおいて認証のバイパスが可能となり、不正アクセスが可能となる脆弱性。

さらにRDPプロクシ機能を構成した場合に、フィッシング攻撃によってリモートデスクトップを乗っ取られるおそれがある「CVE-2022-27513」や、ブルートフォース攻撃の保護機能を回避できる「CVE-2022-27516」が判明した。

同社は共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において「CVE-2022-27510」のベーススコアを「9.8」、「CVE-2022-27513」を「8.3」、「CVE-2022-27516」を「5.3」と評価した。

(Security NEXT - 2022/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃