Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ゆうちょ銀」装うフィッシングに注意 - 20種類以上の件名バリエーション

「ゆうちょ銀行」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が多数報告されている。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

「本人の利用であるか確認したい取り引きがある」「カードの利用の一部を制限した」などと不安を煽り、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が発生しているもの。

フィッシングメールにおいて利用されている件名は、「【重要】ゆうちょ銀行 からの緊急の連絡」をはじめ、11月8日時点で確認されているだけでも22種類にのぼっており、2件のURLへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、IDやパスワード、会員番号、有効期限、生年月日、セキュリティコード、電話番号など入力するよう求める。

11月8日の時点で報告を受けたフィッシングサイトについては停止していることが確認されているが、今後類似したフィッシング攻撃が展開されるおそれがあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意