Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニー銀装うフィッシング攻撃に注意 - 取引目的の定期確認を偽装

フィッシング対策協議会は、ソニー銀行を装うフィッシング攻撃が確認されているとして注意喚起を行った。

問題のメールでは、「取引目的の定期的な確認をお願いしている」などと説明。「一定期間確認しないと口座取引を一時制限する」などとして不安を煽っていた。

フィッシングサイトでは、口座番号やログインパスワードのほか、生年月日、電話番号、暗証番号のほか、カード裏面に記載されている製造番号、ワンタイム認証で利用するメールアドレスなどを入力させようとしていた。

11月4日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大