Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性

印刷物の通信販売サービス「ウイルダイレクト」が不正アクセスを受け、顧客の個人情報が流出し、不正に利用された可能性があることが明らかとなった。

同サイトを運営するウイル・コーポレーションによれば、2021年1月29日から2022年4月19日にかけて、同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客2426人に関する個人情報が外部に流出し、不正に利用された可能性があることが判明したもの。

システムの脆弱性を突く不正アクセスにより、決済アプリケーションを改ざんされ、情報を窃取されたもので、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが流出した可能性があるほか、同サイトのログインIDとして利用するメールアドレス、パスワード、電話番号なども対象だという。

7月19日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり、同日カード決済を停止。7月20日に個人情報保護委員会に報告した。

9月12日に外部事業者による調査を終えて10月7日に警察へ被害を申告。対象となる顧客に対しては、10月27日より、メールや書面を通じて経緯を報告するとともに謝罪し、身に覚えのない請求が行われていないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用