Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性

印刷物の通信販売サービス「ウイルダイレクト」が不正アクセスを受け、顧客の個人情報が流出し、不正に利用された可能性があることが明らかとなった。

同サイトを運営するウイル・コーポレーションによれば、2021年1月29日から2022年4月19日にかけて、同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客2426人に関する個人情報が外部に流出し、不正に利用された可能性があることが判明したもの。

システムの脆弱性を突く不正アクセスにより、決済アプリケーションを改ざんされ、情報を窃取されたもので、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが流出した可能性があるほか、同サイトのログインIDとして利用するメールアドレス、パスワード、電話番号なども対象だという。

7月19日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり、同日カード決済を停止。7月20日に個人情報保護委員会に報告した。

9月12日に外部事業者による調査を終えて10月7日に警察へ被害を申告。対象となる顧客に対しては、10月27日より、メールや書面を通じて経緯を報告するとともに謝罪し、身に覚えのない請求が行われていないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能